更新をしない場合

契約社員には予め決められた契約期間があり、終了してその後またその派遣先が望む場合は、派遣会社と派遣社員との間で契約の更新を行います。

契約期間が満了すると同時に同時に、その契約は効力を失います。

契約を交わしていた当事者は、契約から開放されるということです。

更新にいたっては、前の契約とその内容が基本的に同じであっても、新たな契約です。

更新するか否かは当事者同士の自由となります。

しかし極稀に派遣会社の担当者の無知から、トラブルが起こる場合があります。

以下はそのようなケースの事例です。

契約期間の満了に伴い、派遣社員は更新しない旨を派遣会社担当者に伝えた。

しかし担当者は「理由もなしに一方的に契約を解除するのは出来ない」といい、「体調が悪いから」という理由を述べると「診断書を出せ。それでなくては認めない。」と言い出した。

なんのための契約期間の満了で、なんのために更新があるのかさっぱり解せない話で、派遣社員は困惑した。

この派遣会社の担当者が無知であったのか、何かの業務を怠ったために派遣社員を丸め込まなきゃいけなくなったのかそこは定かではありません。

しかし明らかに間違いを起こしていることは確かです。

オー人事へ登録

更新しない旨を拒絶された場合の対策

契約期間の満了は、契約自体が消滅することです。

契約の効力はなくなり、義務からも解放されるのです。

更新は前の契約内容と全く等しくとも、新たな契約となります。

ですから更新するしないは、当事者の自由意志に基づきます。

派遣社員が更新しない選択をしたとしても、派遣会社が理由を証明を強要することは出来ませんし、もともと理由などいりません。

「参考までに訊く」程度しかできないはずです。

派遣社員が更新しない理由があれば、それを訊くことでマッチングの参考になったり、その派遣先に評価付けに役立つなどがあり、あくまでも理由を教えて欲しい時には「協力してください」というスタンスとなります。

派遣社員がその派遣先で就業する期間が今までに長く、更新を何度か行っていた場合などは、派遣先も派遣会社も引き続き働いてくれるであろうと期待している場合があります。

そのような場合は早めに更新しなう旨を伝えておくほうがいいでしょう。

時間的な余裕を持って、後任を探すことができますし、派遣先の心づもりがあるはずです。