ブラックリストの存在はあるのか

「止む得ない事由」もないままに派遣会社を中途退社した場合は、契約の中途解除となり解約不履行やペナルティの対象となります。

自らの社会人としての信用を落とす行為でしょう。

多くの人に迷惑がかかる行為です。

しかしそれでも辞める場合は、契約違反となりますが、派遣社員として働いていたものの最低限の守るべきルールとして出来るだけ時間的に余裕がある退職を申し出ることと、仕事の引継ぎを行うことが必要です。

以下のようなケースに置いて、「ブラックリストに載る」と派遣会社の担当者から言われて困惑しているという元派遣社員がいます。

ハッキリとした「止む得ない事由」がないまま過去、中途退職した派遣社員がいました。

そのときの派遣会社の担当者から納得を得ることができず、「こんなことをすればブラックリストに載る」と脅されたと。

再度派遣社員として働きたいと思うがブラックリストに載っているのかと思うと不安になっている。

本当にブラックリストが存在しているのかと、心配でたまらない。

このようにブラックリストなるものがあるのでしょうか。

アデコ派遣

ブラックリストは存在していない。

「止む得ない事由」もないままに派遣会社を中途退社した場合は、契約の中途解除となり解約不履行やペナルティの対象となります。

損害賠償請求をされることもあるでしょう。

しかし中途解約をしたからと言って、「ブラックリストに載る」などということはありえません。

自社の記録として残っていれば、同じ派遣会社に登録は出来ないことはあります。

そのように理由なく中途解約をするような危険度の高い派遣社員など、派遣会社にとっては不要です。

派遣会社のためにも派遣先にも、為になりません。

たしかにそれだけ「無責任」と判断されても仕方ないものです。

しかし派遣会社が皆で回覧できるような、情報センターがあるわけではありません、

よって情報を共有するブラックリストなども存在しません。

「ブラックリストに載る」などと人をいい加減な言葉で不安に貶めようとする担当者の人間性も疑われてしかるべきものです。

しかし最も悪いのは、いい加減な退職の仕方を行った派遣社員です。

後ろめたい気持ちもあって、そのような根も葉もない言葉に不安となるのでしょう。

派遣会社で働くことは余程の理由がない限り契約をまっとうする事と、止む得ない事由で中途解除する場合も被害を最小限に抑えられるように務めるべきでしょう。