紹介予定派遣の紹介が不成立に終わった場合

紹介予定派遣とは、「ジョブサーチ型派遣」と呼ばれるものです。

「紹介予定派遣」は、派遣先の正社員となることを前提に、一定期間だけ派遣するという派遣形態です。

将来的に求人企業が正社員や契約社員として、直接雇用をすることを予定しているものです。

派遣期間修了後に派遣先企業と派遣社員との希望が合致すれば、正社員や契約社員として雇用契約を2者間で結びます。

このような性質のものですから、スムーズにことが運べば、何の問題も発生しません。

以下のようなケースの場合は、充分にありえます。

紹介予定派遣で3ヶ月働き、無事に派遣期間満了後、正社員として紹介を受けました。

派遣社員として契約した当初は派遣社員自身も、契約修了後は正社員として雇用される予定にしていた。

しかし仕事内容が大変きつく、雇用内容も派遣の時のほうが条件的に良いような気がした。

そこで直接雇用を断り、今まで通り派遣としてつ受けたいと派遣会社に伝えたところ、派遣先企業の意向はあくまでも正社員でということで、断りを受けた。

仕事がなくなるので体験困っていると同時に、手当や補償がないのか知りたい。

このようなケースで、派遣社員の要望は通るのでしょうか。

紹介予定派遣の紹介不履行の場合のあつかいは

紹介予定派遣は派遣終了時に正社員として雇い入れる希望が派遣先の企業にある場合の派遣形態です。

派遣終了時に職業紹介が派遣会社からされたとしても、派遣社員と派遣先企業の雇用契約締結の意志に合意がない場合は、成立しません。

この紹介予定派遣を利用する派遣先企業は、直接雇用にこだわっているわけです。

派遣社員が適任でぜひ我社にほしい人材であると判断しても、直接雇用が出来ないのであれば意味が無いと考えても無理はありません。

べつの紹介予定派遣で派遣社員を受け入れるか、直接雇用ができる人材をその他の方法で探すことでしょう

上記のようなケースの場合、派遣期間が満了し、ただ単に更新がなかっただけの話です。

せっかくの直接雇用を断ったのも自由意志ですし、更新をしなかったのも派遣先企業の自由です。

解雇ではありませんので、派遣会社が負うべき責任はありません。

契約は終了していますので、当然休業手当なども発生しません。