損害賠償請求の発生と払い方

派遣会社は派遣先企業に対して、派遣社員による業務を事故なく遂行するという派遣契約上の義務を負います。

派遣社員の故意による、または重大な過失によって派遣先に大きな損害を与えた場合、派遣会社は派遣先企業に対して債務不履行による損害賠償責任を負います。

派遣社員も派遣会社に対し雇用契約上の義務として派遣先企業においての業務の遂行にあたっては、事故がないように努めることが求められます。

下記のようなケースの場合はどのようになるのでしょう。

派遣先において派遣社員として金銭を扱う業務に従事していた。

不注意で42万円を紛失し、その事実を隠し一部を派遣社員が自分自身のお金で補填した。

その後その事実が発覚し、解雇を申し渡された。

派遣会社からは「給料を直接払うから吸っ者し、派遣先から請求されている損害賠償分を給料から控除する」と言われた。

今まで銀行振込だったのに、派遣会社の一方的な意志で払い方を変更できるのだろうか。

また一括弁済はとてもじゃないけれど出来ないので困惑している。

このような場合、どういった解決方法になるのでしょうか。

スタッフサービス 短期派遣

損害賠償請求が発生している場合の天引きは可能か

職務上の事故を報告せず隠匿したことは職務上の義務に反し、違法性が認められます。

しかし自分の金銭にて補填した事実を見れば、直ちに解雇されるような事由に該当するかは大変微妙なところです。

この場合、派遣社員が派遣先のお金を紛失していますから、派遣会社は派遣先に対して債務不履行による損害賠償責任を負います。

派遣社員自身も派遣会社に対し雇用契約上の義務を負い、派遣先での業務遂行にあたり事故がないことが求められています。

ですからお金を紛失した上にその事実を隠したのでは、派遣会社に対する契約違反となります。

それは損害賠償責任を負うべきものです。

派遣会社が派遣社員にたいして請求できる損害賠償は、派遣会社の派遣社員に対する教育指導が如何にあったかも重要なものとなります。

過失相殺されるべきものですので、派遣会社が派遣先に支払ったと同額とはならないでしょう。

また派遣会社の派遣者委員に対する損害賠償請求が正当なものだとしても、派遣社員の同意なくして給与から損害賠償分を控除することは許されません。

給与をごんこう振込としたのは、派遣会社と派遣社員との合意に基づきますから、派遣会社が派遣社員の同意なくして払い方を変更することも出来ません。

ますはそこを踏まえて派遣会社と相談し、損害賠償の請求に応じるならば、分割払いを相談しましょう。