有給休暇の性質と取り方の工夫の必要性

有給休暇は雇用した日から起算して6ヶ月勘継続して勤務し、全労働日の8割以上出勤したものに対し10日間付与されます。

これは法律が付与するところのものであり、派遣会社や派遣先が派遣社員に対して与えているものではありません。

派遣会社は例外的に時季変更権があるだけにとどまり、原則的には派遣社員の請求日に有給休暇は認めるべきものです。

この有給休暇については、しばしばトラブルのもととなります。

下記のようなケースがあります。

派遣期間が残すところ1ヶ月となったので、未消化の有給休暇をまとめて取りたい希望を派遣会社の担当者に申し出た。

しかし「派遣先に対して誠意がない。取り過ぎなので、1日でも返上して欲しい。」と言われ、返上しないなら契約の短縮を行うということを言われた。

有給を取ることがいけないのだろうかと、困惑した。

有給休暇を取ることは、けして悪いことではありません。

しかし「取り方」には兼ね合いも必要かもしれません。

看護師ナースではたらこ

有給の取り方の工夫

派遣業者は派遣社員に請求された有給休暇について、事業の正常な運営を妨げる場合は他の時期に有給を与えることが出来る時季変更権があります。

たとえ派遣社員の胃に反することであったとしても、その時期を変更することが出来るのです。

上記のケースの場合は契約期間の残りがわずか1ヶ月となっているようですから、派遣会社としては時季変更権の行使の余裕はなく、代替えの派遣社員も手配困難でしょう。

派遣先に大きな迷惑を掛ける事となります。

普段から消化していればこのようなことな起こらず、もっとスムーズであったかもわかりません。

もちろん派遣社員の権利ですから、有給を取ることは悪いことではありません。

しかし派遣先との兼ね合いもありますから、取り方の工夫はすべきことかもしれません。

しかし派遣会社の担当者が「取り過ぎ」「派遣先に誠意がない」「返上できないようなら契約を短縮する」といいだすのは有給休暇の講師に対する妨害行為です。

派遣社員との信頼関係が損なわれる可能性も出てきます。

この妨害行為には場合によっては罰則も生じますから、十分言動には気をつけるべきでしょう。

また普段からうまく有給休暇を消化するように、派遣社員に対して促しておくことも必要ではないでしょうか。